助産師です、よろしくおねがいしまーす。


by a5ivgmjmsc
 千葉県松戸市で昨年10月、千葉大園芸学部4年、荻野友花里さん=当時(21)=が殺害され、自宅マンションが焼かれた事件で16日、菊池真夫園芸学部長らが、兵庫県稲美町の荻野さんの実家を訪ね、卒業証書に代わる「卒業認定書」を両親に手渡した。

 荻野さんが卒業に必要な単位をほぼ取得していたことから学位取得と同等と認めたもので、学友3人も同行し菊池学部長が遺影の前で認定書を読み上げた。

 荻野さんの父、卓(たかし)さんは千葉県警を通じて「千葉大の学長や職員の皆さまに心から感謝します。学部長、担任の先生、友人がきてくださったことを、友花里も喜んでくれたと思う。本当にありがとうございました」と、コメントを出した。

 荻野さんの卒業研究テーマは小学校などでの農業教育の効果で、卒業後は農業高校の教員を志望していたという。

【関連記事】
なぜ殺害し、現場に火をつけたのか…「半落ち」の女子大生殺人犯
ATM男、強盗殺人罪などで起訴 千葉大女子学生放火殺人
千葉大女子学生放火殺人 強盗殺人と放火容疑で男再逮捕
千葉女子大生殺人 荻野さんのカード窃盗で再逮捕
千葉大女子学生放火殺人 Tシャツの血痕から荻野さんのDNA型
20年後、日本はありますか?

女子大生のスカート内を盗撮容疑、自衛官逮捕(読売新聞)
<愛子さま>天皇、皇后両陛下と御所で昼食(毎日新聞)
<強盗>シティホテルから16万円奪う 愛知・一宮(毎日新聞)
原爆資料館など視察=東ティモール大統領−広島(時事通信)
同意なく研究段階の手術=生体肝移植、倫理委も未報告−東京医大(時事通信)
[PR]
# by a5ivgmjmsc | 2010-03-23 09:42
 教え子の女児への婦女暴行容疑で福岡県警に逮捕された同県内の英会話学校を経営する米国人の男(69)が、女児を車に乗せて自宅に連れて行ったり、自宅前の雑木林で女児を撮影したりする姿が、十数年前から近所の人に目撃されていたことがわかった。

 男は「勉強会」と称して女児らを自宅に誘い込み、わいせつな行為を繰り返していたとみられ、県警は裏付けを進めている。

 男の自宅は、竹やぶに囲まれた2階建てで、近所の人によると、30年以上前に引っ越してきて一人暮らしをしていた。十数年前から、小学生とみられる女児や中高生とみられる制服姿の女生徒を乗用車に乗せ、家の敷地内に入っていくのが頻繁に目撃されていた。

 夕方のことが多く、女児らはいつも1人だったという。近くの住民は「英会話学校の先生と聞いていたので、学校の勉強が終わった後に連れて来たのだろうと思っていた」と話している。

内需戻っていない=10〜12月GDPで−内閣府副大臣(時事通信)
<全日空>B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
三笠宮さまが入院(時事通信)
写真が語る 空襲の恐怖 大阪で特別展(産経新聞)
首相動静(3月15日)(時事通信)
[PR]
# by a5ivgmjmsc | 2010-03-18 21:36
 福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性の下腹部の遺体が見つかった事件で、福岡県警西署捜査本部は16日午前、約60人態勢で現場周辺や島の海岸などの捜索を始めた。また、遺体を司法解剖し、死因や身元の特定を急ぐ。
 捜査本部によると、遺体は15日午後、能古島キャンプ村から南に約200メートルの砂浜で、貝掘りをしていた住民女性が発見した。へその下から足の付け根までの成人女性で、鋭利な刃物で切断され、死後数日から数週間程度とみられる。 

【関連ニュース】
海岸に女性遺体、切断か=捜査本部設置
郵便局強盗容疑で42歳男逮捕=女性客に刃物、200万円奪う
「悲しさと悔しさ、消えない」=少年2人逮捕に重傷男性ら
内装業の男を逮捕=兵庫の72歳女性殺害容疑
殺意認定「感覚と法律で違った」=殺人未遂判決で裁判員

「着メロ」商標権に2550万円(スポーツ報知)
さだまさしさん作校歌、題名は「約束をしよう」(読売新聞)
京浜東北線にも女性専用車=JR東(時事通信)
【言(こと)のついでに】論説委員・清湖口敏 「野」には芽吹きの春が(産経新聞)
<ランタン>龍馬とお龍のオブジェ(毎日新聞)
[PR]
# by a5ivgmjmsc | 2010-03-17 07:36
 衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は10日の理事懇談会で、日米間の「密約」問題について西山太吉元毎日新聞記者ら4人に対する参考人質疑を19日に行うことを決めた。
 参考人は西山氏のほか、斉藤邦彦元外務事務次官、東郷和彦外務省元条約局長、大平正芳元外相(故人)の秘書官を務めた森田一・元衆院議員。 

<鳩山首相>公邸入居費用に点検・清掃費281万円含まれず(毎日新聞)
里見女流名人を島根県立大社高OBが表彰(スポーツ報知)
「虐待」判断基準をより明確に―臓器移植作業班(医療介護CBニュース)
<桑名市>課長を逮捕 指名業者から4000万円詐取容疑(毎日新聞)
「隠し撮り」アカデミー賞映画ベースに 「反イルカ漁」テレビ番組も決定?(J-CASTニュース)
[PR]
# by a5ivgmjmsc | 2010-03-15 13:03
【麗し大和・記者の裏話】(10)

 お寺や神社を回っていると、たびたび出くわすのが「女人禁制」というしきたり。大相撲の土俵ではないけれど、それも伝統の一つと思えばかえってその“区別”がおもしろくもなるものだ。女性であることを意識する、させられることで、古来、女性の宗教心や信心の歴史に思いをめぐらせる機会ともなるから。もちろん、いろいろな考え方があるのでそれは記者個人の考え方と断っておくけれど。

 ■女人禁制

 お水取りというと3月1日からの本行で二月堂にあがるおたいまつが有名だが、実はそれ以前から始まっている。今回は練行衆が2月20日に「別火(べっか)入り」という精進生活に入るところから取材を始めた。なにしろ「別火」というくらいで、お坊さまたちは家から離れて別火坊に集まり、新たに起こした火で練行衆だけが生活する。当然、中での取材は女人禁制だ。

 さらに本行に入ると二月堂の内陣で昼夜の行が行われるが、このときも、男性は外陣まで入ることができるけれど、女性はその外側の「局」まで。参籠見舞いに練行衆がこもる「参籠(さんろう)所」に伺ったときも、男性記者は建物の中にも入っていくが、女性は庭までとのことだった。取材では、入れない記者のために練行衆が庭に出てきてくださったという次第。で、お水取りにまつわるおもしろい逸話があった。

 ■青衣女人のおはなし

 今もお水取りの3月5日と12日、東大寺を建立した聖武天皇を筆頭に、ゆかりの人々の名前を読み上げる「過去帳」が行われるが、鎌倉時代のこと。読み上げる役目の僧、集慶の前に青い衣の女性が現れ「なぜ私の名前を読み落としたのか」と恨んで消えたという。以降、過去帳に加えられ、「青衣女人(しょうえのにょにん)」と読み上げられるようになった。もちろん今も続いている。

 現在でもそれを聞こうと、夜中にもかかわらず多くの人が耳を澄ます“名場面”の1つになっていて、厳しく女人禁制をしく法会の中でひととき、ツヤめく色あいを添えてくれる瞬間でもある。実際、承元2(1208)年ごろには集慶という僧侶が参籠した記録が何度か出てくるそうだが、さて。

 《お水取り》おたいまつは3月1日〜14日、いずれも午後7時に1本目が点火される。そのあとお堂で声明を聞くのがおすすめ。西局からはシルエットの僧侶やすぐ前での五体投地、両脇の局からは格子越しに内陣の様子が見える。もちろん、男性は局の内側の外陣まで入ることができる。東大寺のホームページは、http://www.todaiji.or.jp/。

【関連記事】
平城京遷都は急がなくていい? 女帝がしぶったワケ
橘三千代の“平城京シンデレラストーリー”
阿修羅さまは休暇中 「興福寺国宝館」がリニューアル閉館中
不死鳥のごとく 興福寺五重塔と光明皇后
【麗し大和・記者の裏話】なまめかしい観音さま
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

ヒゲの隊長「国防は最大の福祉」に首相「外交努力も大事」(産経新聞)
<アカデミー賞>助演女優賞に「プレシャス」のモニークさん(毎日新聞)
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程(産経新聞)
自民執行部は「谷垣おろし」の火消しに躍起 舛添氏は今日も批判(産経新聞)
病院薬物混入事件で医師の実刑確定へ 最高裁上告棄却(産経新聞)
[PR]
# by a5ivgmjmsc | 2010-03-11 10:35